20240102

〜陰極まり陽となる〜

こんにちは

物事は陰陽論が働いており

陰の支えがあって陽がある

陽は主役であります

私が主役でいるのは子供が出来るまで

親が陰で子供が陽

主役は子供に移行したわけです

1年間冬至と夏至で考えると

冬至から夏至までが陰 「陰消陽長」

夏至から冬至までが陽 「陽消陰長」

立春から春の兆しが出てきます

当然身体や心に影響してきますので

それを活かして生きていく事が

生き方のコツといった事でしょうか

私は美容の仕事をしているので

同じスタイルの中に長さ、厚み、重たさ等

を変えてさらに遊びを入れたいと思っております。

これから2月4日まではまだ前の年の流れの癸卯年

何のために生きるのか

何のためにするのか

その動機が哲理

『君子は諸れを己れに求む。小人は他人に求む。』

論語は本当良いですね。

2024本年もよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 八女の浪漫 inSANTE

  2. 6月

  3. 八女の浪漫と夢みるチカラ

  4. henna足音

  5. 高湿度の麗

  6. ゲストティーチャー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。